NEWS

2018年08月27日
車検に必要な書類は早めに準備を更新。
2018年08月27日
代車を用意してもらう時は別途料金が加算されることがあるを更新。
2018年08月27日
車検当日になっても慌て内容に流れを確認を更新。
2018年08月27日
車検の費用はなるべく抑えたいという方のためにを更新。

車検を受ける前に相見積もりをしておく

車を安全に運転するために、車検は不可欠であり、車を所有する上での義務の一つです。定期的に受けなければならないものであるため、車検の手続きは頭に入れておきましょう。まず、車検の時期が近づいてきたら、業者に見積もりを出してもらいましょう。いくつかの業者に見積もりを依頼することで、よりお得な業者を見定めることができますよ。
車検を依頼する業者を決めたら、早めに入庫日の予約しておきましょう。時期によってはなかなか予約が取れない可能性がありますし、早めに予約すれば、割引サービスを受けられることもあります。その点もあらかじめチェックしておくと安心ですよ。
予約をした時に、当日の持ち物を伝えられます。当日忘れないように、しっかりメモしておきましょう。主に、車検証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書が必要となります。
そして、指定した入庫日に業者へ車を持っていきます。車の中にある荷物は、万が一の紛失を避けるためにも、車から下ろしておくことがオススメです。必要ならそこで代車を借り、車検が終わり次第、車を取りに行く、というのが、車検の手続きの流れです。
覚えておけば、車検が近づいた時に慌てる心配もありません。車を所有する以上、しっかりと頭に入れておきましょう。

車検の手続きは整備工場かディーラーにお任せ

2年に1度、新車でも3年後に必ず受けなければならないのが車検です。一応正式なフローは、各地の陸運局や軽自動車なら軽自動車検査協会に車検の手続きをして、事前チェックして、車を持っていって、となりますが、はっきり言って面倒ですし、整備必要な箇所が出たりして結構大変です。
よほどの車のプロでないかぎり、おすすめなのはディーラーや整備工場など業者を使ってで車検の手続きをしてしまうことです。少々費用はかかりますが、最近は軽微なメンテナンスは一気にやってくれて、確実に車検が通るように整えてくれますし、サービスがよければ代車も借りられます。手間がかからないし、追加のメンテナンスリスクから解放されることも考えると、却って割安なことの方が多いくらいです。
新車ならその車を購入したディーラーが絶対おすすめです。付き合いもありますし、サービスが段違いで間違いありません。中古社の場合は一概には言えないですが、基本的にはガソリンスタンドより自動車整備を専門に行う工場に依頼するほうが、メンテナンスの質や追加料金なしで整備してくれる領域の広さを考慮すると良いです。
いずれにしても、自己でやってしまうよりは確実かつ、予定外の出費を防げるので、車検は業者利用が絶対おすすめです。

RECOMMEND ARTICLE

車検に必要な書類は早めに準備

2年に1度の車検の手続きについて 2年に1度必ず受けなければならない自動車の車検。かなり高額な出費となり、また車検の時期かと思いがちですが、事故なく自動車を安全に走行、維持させる為に大事な検査となっています。受けずに有効期限が切れたまま公…

More...

代車を用意してもらう時は別途料金が加算されることがある

車検を受けるために必要な手続きなど まず、一度でも車検を受けていれば案内状が届きます。もし新車などで初めての車検の場合はディーラーから来る事もあります。だいたい1ヵ月前くらいから車検を受ける事ができるので、予約をするなり見積もりを出しても…

More...

車検当日になっても慌て内容に流れを確認

車検を受ける前に相見積もりをしておく 車を安全に運転するために、車検は不可欠であり、車を所有する上での義務の一つです。定期的に受けなければならないものであるため、車検の手続きは頭に入れておきましょう。まず、車検の時期が近づいてきたら、業者…

More...

車検の費用はなるべく抑えたいという方のために

初めての車検手続きについて 自動車を所有していれば必ず車検を受けることが義務付けられています。車検の手続きについて最も簡単な方法をご説明しましょう。といっても特別なことはありません。車を買ったディーラーなどが車検時期が近づいてきたら、案内…

More...

トップへ