NEWS

2018年08月27日
車検に必要な書類は早めに準備を更新。
2018年08月27日
代車を用意してもらう時は別途料金が加算されることがあるを更新。
2018年08月27日
車検当日になっても慌て内容に流れを確認を更新。
2018年08月27日
車検の費用はなるべく抑えたいという方のためにを更新。

初めての車検手続きについて

自動車を所有していれば必ず車検を受けることが義務付けられています。車検の手続きについて最も簡単な方法をご説明しましょう。といっても特別なことはありません。車を買ったディーラーなどが車検時期が近づいてきたら、案内をくれることがほとんどです。販売店に連絡して予約をとれば後は車を持ち込むだけです。
それ以外の中古車販売店で購入した場合は近所の車検を行っている整備工場や業者がいくらでもありますので電話をする。これだけです。注意する点があるとすれば、車検の手続きには自動車税の納付書が必要です。5月に払った税金の納付書の控え(受領のハンコが付きます)を忘れないようにしましょう。また期日を超えると車検切れの車で走っていることになり法令違反です。整備業者やあなたの都合を調整して確実に期日までに車検を行ってください。
皆さんが気になる車検費用ですが、あれの内訳は自動車重量税、自賠責保険がまずかかります。この2つは法律で決まった値段ですのでどこでもいっしょの金額です。それ以外は車の整備点検工賃であり費用は車検業者により変動します。あれこれ整備、交換をしてもらえば高くつきますし、最低限でいいといえばカットできます。車検の一番簡単なやり方は信頼できる業者に任せることです。これが結論です。

車検は有効期限内に必ず受ける

車を購入した後に必要となるのが、車検です。新車を購入した場合、最初の車検は3年後となります。その後は2年毎に車検を受ける必要があります。車検を受け忘れると、公道を走行できなくなるので注意が必要です。そんな車検の手続きでまず行っておきたいのが、予約を取ることです。
飛び込みでも可能となっている車検専門店などもありますが、本当に飛び込みで車検を受けることができるかは混雑状況によって異なります。そのため、車検を受ける時にはまずディーラーや整備工場、車検専門店などで予約をしておくことがおすすめです。車検は、有効期限の1ヶ月前から期限日当日までの間に受けます。この間であれば、次回の有効期限が短くなったりすることはありません。これは実際に車検を受ける日のことで、予約自体はそれより前に行っておく方が良いでしょう。
予約をした後の車検の手続きは、当日に行うことが一般的です。車検証と納税証明書、自賠責保険証と印鑑を準備した状態で車を預けます。時間がかかる業者の場合は、代車を用意して貰う形となりますが、最近では1時間程度で車検が完了する業者も多くなっています。検査をして問題があれば部品を交換し、必要な費用を支払えば車検の完了です。

RECOMMEND ARTICLE

車検に必要な書類は早めに準備

2年に1度の車検の手続きについて 2年に1度必ず受けなければならない自動車の車検。かなり高額な出費となり、また車検の時期かと思いがちですが、事故なく自動車を安全に走行、維持させる為に大事な検査となっています。受けずに有効期限が切れたまま公…

More...

代車を用意してもらう時は別途料金が加算されることがある

車検を受けるために必要な手続きなど まず、一度でも車検を受けていれば案内状が届きます。もし新車などで初めての車検の場合はディーラーから来る事もあります。だいたい1ヵ月前くらいから車検を受ける事ができるので、予約をするなり見積もりを出しても…

More...

車検当日になっても慌て内容に流れを確認

車検を受ける前に相見積もりをしておく 車を安全に運転するために、車検は不可欠であり、車を所有する上での義務の一つです。定期的に受けなければならないものであるため、車検の手続きは頭に入れておきましょう。まず、車検の時期が近づいてきたら、業者…

More...

車検の費用はなるべく抑えたいという方のために

初めての車検手続きについて 自動車を所有していれば必ず車検を受けることが義務付けられています。車検の手続きについて最も簡単な方法をご説明しましょう。といっても特別なことはありません。車を買ったディーラーなどが車検時期が近づいてきたら、案内…

More...

トップへ