NEWS

2018年08月27日
車検に必要な書類は早めに準備を更新。
2018年08月27日
代車を用意してもらう時は別途料金が加算されることがあるを更新。
2018年08月27日
車検当日になっても慌て内容に流れを確認を更新。
2018年08月27日
車検の費用はなるべく抑えたいという方のためにを更新。

車検を受けるために必要な手続きなど

まず、一度でも車検を受けていれば案内状が届きます。もし新車などで初めての車検の場合はディーラーから来る事もあります。だいたい1ヵ月前くらいから車検を受ける事ができるので、予約をするなり見積もりを出してもらうなり早めに車検の手続きをしましょう。
車検の手続きをするために、自動車税を払っておく必要があります。そして、その領収書が必要になる場合もあるのでちゃんと取っておく事。見積もりを出してもらう時は、必要なところだけを言わないとあちこち変えられてしまって高くなるので要注意です。なるべく知ってる場所に持っていくととても安心で便利なんだと思いますが、知り合いがいない場合はちゃんと下調べをしてから行くようにしましょう。
だいたいの見積もりが出たら、交換する部品や傷んでいる部品の名前と値段を教えてくれて『すぐに変えた方がいいのか』と『まだ変えなくても今は平気か』を聞いておく事が大事と言えます。その流れで、いつ整備工場が空いているかを聞いて予約を入れておくといいでしょう。中には1日で終わるところもあれば、3日~1週間くらいかかるところもあります。必要な部品などによっても違ってきます。
代車を出してもらうのであれば、場合によっては別途料金が加算されてしまう可能性もあります。よく自分が納得するまで聞いてみる事をオススメします。

車検の受けるのにおすすめの場所

車検の手続きって、車を所持している人は、必ず通る道だけれども、いつどうやって申し込めばいいんだろう?って不安になることも多いですよね。簡単に車検の手続きの流れを説明させて頂きます。
まずはどこでお願いをするか決めましょう。なるべく近所の正規メーカーのディーラーさんか、自動車工場などがいいでしょう。ガソリンスタンドなどでも受け付けている所もあります。
次に予約状況の確認をしましょう。混みあっている時期などは、期間が開いてしまう場合があるので、早めに連絡をして予約をしましょう。
必要な書類を揃えましょう。車検証や車庫証明、納税書、保険の書類など、必要な書類を予約の日までに揃えておきましょう。
実際に車を持っていって、作業の見積りなどを、取ってもらいましょう。実際に車を見てもらって、どこの修理が必要か、どこの部品の交換が必要かなどを判断して頂き、大まかな費用の見積りをもらいましょう。
代車の貸し出しなど確認しましょう。これは意外と大事です。車を預けている間は足が無くなってしまうので、貸し出しなど確認しましょう。万が一ない場合は近場の作業所を選ぶのが無難です。
あとは見積りを確認して大丈夫であれば作業を依頼しましょう。作業終了後に代金のお支払をして完了です。後日、車検のステッカーが届くので、忘れずに貼りつけましょう。
以上大まかな流れでした。

RECOMMEND ARTICLE

車検に必要な書類は早めに準備

2年に1度の車検の手続きについて 2年に1度必ず受けなければならない自動車の車検。かなり高額な出費となり、また車検の時期かと思いがちですが、事故なく自動車を安全に走行、維持させる為に大事な検査となっています。受けずに有効期限が切れたまま公…

More...

代車を用意してもらう時は別途料金が加算されることがある

車検を受けるために必要な手続きなど まず、一度でも車検を受けていれば案内状が届きます。もし新車などで初めての車検の場合はディーラーから来る事もあります。だいたい1ヵ月前くらいから車検を受ける事ができるので、予約をするなり見積もりを出しても…

More...

車検当日になっても慌て内容に流れを確認

車検を受ける前に相見積もりをしておく 車を安全に運転するために、車検は不可欠であり、車を所有する上での義務の一つです。定期的に受けなければならないものであるため、車検の手続きは頭に入れておきましょう。まず、車検の時期が近づいてきたら、業者…

More...

車検の費用はなるべく抑えたいという方のために

初めての車検手続きについて 自動車を所有していれば必ず車検を受けることが義務付けられています。車検の手続きについて最も簡単な方法をご説明しましょう。といっても特別なことはありません。車を買ったディーラーなどが車検時期が近づいてきたら、案内…

More...

トップへ